神奈川県入試 暫定倍率 2020

『二月の勝者』4巻 30 話以降のあらすじと感想(連載ベース)

『二月の勝者―絶対合格の教室―』第4巻が 12 日に発売されました。

カナガクでは雑誌連載時に感想を書くことがあります。このページでは、4巻収録の第 28 講から第 36 講までのうち、第 30 講から第 36 講までのあらすじと感想とをまとめました。

※ あらすじ・感想は雑誌連載時のものです。いわゆる「ネタバレ」について、特に気にせず書いています。

広告


島津順 編

第 30 講

父親が暴力的に成果を求め、勉強への介入もする。順はストレスから塾内で他の生徒とトラブルを起こす。とうとうある日、順は通塾するふりをして姿を消す。

『二月の勝者―絶対合格の教室―』第30講「八月の崩壊」感想

第 31 講

塾生が桂講師にもたらした情報により、順が発見される。順は、母親を父親から守るべく中学受験を続けたいと叫ぶ。

『二月の勝者―絶対合格の教室―』第31講「七月の号泣」感想

第 32 講

順の後日談。

『二月の勝者―絶対合格の教室―』第32講「七月の反駁」感想


柴田まるみ 編

第 33 講

柴田まるみの母親は「高校受験回避」のため、まるみに中学受験を望む。内気なまるみがもし不登校になったら……という心配もある。

『二月の勝者』第33講「七月の先輩」感想(その1/3)

高校受験について無知な新人講師佐倉に、桂講師が都立高校受験の仕組みを説明する。

『二月の勝者』第33講「七月の先輩」感想(その2/3)

高校受験では中学校の内申点が必要となる。桂講師は、内申点で最高の「5」を取るためには「授業態度」が大切だと言う。

『二月の勝者』第33講「七月の先輩」感想(その3/3)

広告

第 34 講

桜花ゼミナール系列の個別指導塾「ノビール」が登場。

『二月の勝者―絶対合格の教室―』第34講「七月の憧れ」感想

第 35 講

黒木はまるみに個別指導塾「ノビール」への通塾を薦める。新人講師佐倉は、高額な個別指導塾への誘導に反発する。

『二月の勝者―絶対合格の教室―』第35講「七月の勧誘」感想

第 36 講

佐倉は同僚の橘から、黒木が「金と女に汚い」と聞き、気になって黒木のあとをつける。すると、黒木が子どもの福祉施設に関わっていることが分かる。

『二月の勝者―絶対合格の教室―』第36講「七月の秘密」感想