『二月の勝者』第33講「七月の先輩」感想(その3/3)


『ビッグコミックスピリッツ』11月12日発売号に二月の勝者―絶対合格の教室―第33講「七月の先輩」が掲載されました。

今回は「高校受験」回です。


なぜ「5」が取れないのか

公立中学校の内申点について、桂先生はこう問いかけます。

90点以上だし提出物も大丈夫なのに「5」が取れないのはなぜか?

そしてこう答えます。

授業態度。

広告



「5」を取る授業態度とは?

桂先生が話す「5」を取る授業態度・「5」を取る生徒は以下の通りです。

  • 常に鉛筆を持ちすぐにメモできる体勢をとれているか。左手でノートを押さえているか。
  • 音読などの際には周りよりも大きな声で!
  • 欠席は7日以内。
  • 先生の目を見ると熱意が伝わる。
  • 親がPTA役員。(これは都市伝説レベル情報だけど)
  • 授業中に積極的に質問をしているか? 簡単すぎる質問は逆にダメ。難しすぎてもダメ。
  • 頬杖は厳禁!
  • 当てられてすぐに「わかりません」はダメ! 一応自分の考えを話すべし!
  • 「5」を取りたいのならここまでやれ!! (テスト90点以上は最低条件!!)

これらを戦略的に効率よくこなした上で、定期テストをしっかり取り、なおかつ部活動で活躍し(チームプレイ必要系が良し)生徒会活動も精力的にこなせるリーダータイプ


桂先生の言うことは本当か

桂先生の言うことは本当なのでしょうか。また、妥当なのでしょうか。

授業態度

まず授業に臨む姿勢は妥当だと思います。年齢的な難しさはあるでしょうが、むしろ当然の姿勢だとも言えます。

ノートの上に左右の手が「ハ」の字になる。音読は大きな声ではっきりと行う、しゃべっている人がいたら目を見て話しを聞く、頬杖をつかない、発問に対しては真摯に向き合う……。身につけて然るべき授業態度です。

欠席

欠席についても、提出物や挙手などでの加点で「関心・意欲・態度」がつけられる場合、不利に働くでしょう。

質問

「〔質問が〕難しすぎてもダメ」というのは、衒学的な質問がダメ――という意味でなら妥当だと思います。

PTA

PTA活動のなかで親が評価者(先生)と懇意になれば、その子に対する評価も甘くなりがちかもしれません。しかし誌上でも「都市伝説レベル」と書かれています。「塾がどう中学受験にリードしていくか、という」方便のひとつでしょう。


【参考】Twitter 「関心・意欲・態度」の評価


Related Posts

広告


Tags

Ads: スタディサプリ, Z会, マイナビ進学