大正製薬のコパトーン、日焼け止め成分の規制まとめる

大正製薬は、

環境を守るコパトーン「環境を考える」

と題したページで、特定の成分を含む日焼け止めの使用や販売を規制している国・地域を紹介しています。

ページでは当該成分が「サンゴ礁の白化現象や海洋生物の遺伝子損傷などの原因のひとつと言われています」として、そうした成分を含まないコパトーン「プロテクションUVプラス ミルク」の購入・使用を勧めています。


日焼け止め成分に関する世界の規制

国・地域成分規制
パラオオキシベンゾン販売・使用禁止
パラオオクチノキサート販売・使用禁止
パラオメトキシケイヒ酸エチルヘキシル販売・使用禁止
パラオメトキシケイヒ酸オクチル販売・使用禁止
パラオオクトクリレン販売・使用禁止
パラオエンザカメン販売・使用禁止
パラオトリクロサン販売・使用禁止
パラオメチルパラメン販売・使用禁止
パラオエチルパラベン販売・使用禁止
パラオブチルパラベン販売・使用禁止
パラオベンジルパラベン販売・使用禁止
パラオフェノキシエタノール販売・使用禁止
ハワイオキシベンゾン販売禁止
ハワイオクチノキサート販売禁止
キーウエストオキシベンゾン販売禁止
キーウエストオクチノキサート販売禁止
ボネール島オキシベンゾン販売禁止
ボネール島オクチノキサート販売禁止

関連記事


参考文献

大正製薬

大正製薬
環境を守るコパトーン「環境を考える」
https://brand.taisho.co.jp/coppertone/environment/column1.html
2021 年5月 24 日閲覧.

Nature

Inga Vesper
Hawaii seeks to ban ‘reef-unfriendly’ sunscreen
https://www.nature.com/news/hawaii-seeks-to-ban-reef-unfriendly-sunscreen-1.21332
03 February 2017

A proposed Hawaiian bill aims to stop the sale of lotions containing certain UV-filters, but their effects on coral are disputed.

※強調はカナガクによります。