神奈川県公立高校入試 暫定倍率 2022

横須賀工業がクラファン開始 生徒による校内舗装施工へ

横須賀工業高校は現在、「神奈川県まなびや基金」でクラウドファンディング(事業提案型の寄附募集)を行っています。

同校は 2022 年度から「建設科」を新設。それに合わせて生徒が自ら校内のアスファルト舗装を計画・設計・施工できる環境を整えることを目指します。

期限は 2023 年3月 31 日までで、目標金額は 1,000 万円。横須賀工業高校と同時期に市ケ尾高校もクラファンを立ち上げています。

【寄附方法】県立高校クラファン「ふるさとチョイス」での寄附方法
https://kanagaku.com/archives/46981

県立高校クラファンでは既に厚木高校野球部が県ベスト8進出を目指して立ち上げた 160 万円の募集を達成。一方、西湘高校が早慶上智など難関私大合格者数増を目指して立ち上げた 210 万円の募集は期限切れとなりました。


横須賀工業高校 クラファンプラン

令和4年4月、横須賀工業高等学校は、新たに「建設科」を設置します。
 この建設科においては、2級施行管理技士の資格取得や、地元の建設会社などで即戦力として活躍できる人材の育成を目指します。
 具体には専門家を講師として招き、校内におけるアスファルト舗装工事を、生徒が自ら長期間にわたり計画・設計・施行までを行う特別講座を実施することにより、実体験として、安全管理・品質管理などの施工管理技士としての資質を養います。


関連記事

神奈川県立高校、クラウドファンディング型寄附募集を開始 県立高校クラファン「ふるさとチョイス」での寄附方法 厚木高校野球部、160 万円のクラウドファンディングを達成

参考文献

「神奈川県まなびや基金(事業提案型) 事業プラン申請書 横須賀工業高等学校」,https://www.pref.kanagawa.jp/documents/27890/yokosukakougyou.pdf,2021 年 11 月 14 日閲覧.
https://megalodon.jp/ref/2021-1114-2236-32/https://www.pref.kanagawa.jp:443/documents/27890/yokosukakougyou.pdf