厚木高校野球部、160 万円のクラウドファンディングを達成

厚木高校野球部、160 万円のクラファン達成

厚木高校は「神奈川県まなびや基金」における事業提案型の寄附募集(クラウドファンディング)で 160 万円を集めることに成功しました。

野球部が「ピッチング・バッティングの測定機材一式」を揃えるために募っていた寄附。

パフォーマンスの正確な測定と数値化、記録の蓄積を可能にすることにより、部活動の中で仮説・検証型の取組を行い、生徒自ら課題発見・課題解決していく能力を育成

することを目指し、「令和5年までに野球部の神奈川県選手権大会ベスト8」を実現しようとしています。

強豪校がひしめく神奈川県の高校野球で「ベスト8」というのは、かなり野心的な目標です。


白山高校野球部もクラファン実施中

県立高校の野球部関連では白山高校もクラウドファンディングを実施中です。「ふるさとチョイス」などを通じてかんたんに寄附をすることができます。


厚木高校の方針、ダンス部を全国的強豪校に

厚木高校の「生徒自ら課題発見・課題解決していく能力を育成」するという方針は他の部活動にも見られ、たとえば同校のダンスドリル部を全国的な強豪校にしています。

日刊工業新聞「工場管理 2017 年 11 月号」では、顧問の先生がインタビューで以下のようにお話ししています。

常に心がけていることは、「本当にこれで良いのか」と問いかけることです。指示を与えてしまうと、物わかりが良く、真面目な生徒ほど、従順に従い、考えなくなってしまうことがあります。問いを繰り返すと部員自身も理解が不十分なことに気がつきます。事あるたびに、それを繰り返し、考える習慣へとつなげることを心がけています

広告


関連記事

Twitter 厚木高校野球部

Twitter 川和高校野球部

※厚木高校と同様に学力向上進学重点校に指定されている川和高校の野球部のアカウント。


参考文献

野球部クラファン

神奈川県教育委員会,「神奈川県まなびや基金への寄附のお願い」,http://www.pref.kanagawa.jp/docs/en7/cnt/f6088/,2021 年6月 24 日.

https://web.archive.org/web/20210709164237/https://connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js?hash=3135bb9bb41569946662b4dee8f3a881

ダンス部

日刊工業新聞,「<名将に聞くコーチングの流儀#08> 県立厚木高校ダンスドリル部 高橋祐有氏 考えることを楽しむことが技術や経験の不足を打ち破る」『工場管理 2017 年 11 月号』,https://newswitch.jp/p/10994
2017 年 11 月 11 日.