臨海セミナー悪質勧誘・同意なき個人情報収集報道 真相2

カナガクでは 14 日(月)に株式会社臨海広報担当役員の方から頂いたご指示に従い、臨海 HP の文面の掲載を進めています。

「真相2」と題したここでは、

【参考資料】~第三者委員会設置の提案(臨海セミナーより株式会社ステップへ提案)~

(以下「提案」)を全文掲載します。

カナガクによる臨海 HP 文面掲載の経緯につきましては「臨海セミナー悪質勧誘・同意なき個人情報収集報道 真相1」をご覧ください。

まず、実際の全文に先立ち、この「提案」に関する時系列を確認します。


臨海セミナー「提案」の時系列

11:40 過ぎ:メール送信失敗
(臨海→ステップ)

臨海セミナーは 12 月 14 日(月)11:40 分過ぎ、ステップにメールで「提案」を送ろうとしました。

11:57 :実際にメール送信
(臨海→ステップ)

臨海セミナーは機械トラブルのためすぐに「提案」を送ることができず、実際のメール送信が 12 月 14 日(月)11 時 57 分にずれこみました。

11:58 :添付ファイルのパスワードを送信
(臨海→ステップ)

臨海セミナーは 12 月 14 日(月)11 時 58 分、添付ファイルのパスワードをステップに送信しました。

12:00 :回答期限

2分後、12 月14 日(月)12 時 00 分の回答期限までにステップは臨海セミナーに回答を送れませんでした。

ステップの無回答をもって、臨海セミナーは

(株)臨海より提案をした「第三者委員会」設置の提案を (株)ステップは拒否(無回答)

と発表しました(https://bit.ly/3oRrmYU)。

広告


「第三者委員会設置の提案(臨海セミナーより株式会社ステップへ提案)」全文

※〔中略〕につきましては、「真相3」をご覧ください(2020 年 12 月 15 日(火)05:41 追記)。

※ J-CAST による事前取材を臨海セミナーが断っていた経緯(引用文中の赤太字部分)につきましては「真相6」をご覧ください(2020 年 12 月 15 日(火)05:44 追記)。

株式会社ステップ 遠藤代表取締役社長

12月10日のYahooニュースを発端にここまでの騒動に発展しております。何よりも教育現場において両社の受験生及び塾生にとってこのままお互いの主義主張を続けていてもまったくの生産性がないと考えております。

今回、12月11日21時に御社から直接会って和解をしていきたいという趣旨を伺い、かつ直接会う条件として【弊社HP上に記載をした「〔中略〕(現臨海社員)による御社ステップへの情報提供」を記した記事を削除すること】を弊社は承諾し一旦取り下げをさせていただきました。弊社としましては、冒頭に記したとおり両塾の塾生のことを想うとお互いの誤解を説き、謝罪するべき部分は謝罪をし、本来あるべき姿に戻すことを切に願い、御社の要望を聞き入れた次第です。

しかし、 12月12日14時から直接行ったトップ会談にていただきましたお話は、和解ではなく一方的な弊社の声明文と共同声明文でございました。到底納得できるものではございません(※1参考資料)。何よりも、御社(株)ステップより提供されたと思われる情報により JCAST 谷本様による記事により、学習塾として根幹となる合格実績数の水増し疑義を事前取材もなく一方的に突きつけられたことにより、弊社を卒業した塾生及び弊社職員を冒涜されたと考えております。弊社の合格実績数において世間に疑われる行為は一切ございません。そのことから、声明文を出すのであれば御社からも謝罪すべき点は謝罪をする必要を求め、新たな声明文(※2参考資料)を提出させていただきました。

しかしながら、御社検討の結果、弊社が求めた声明文は承諾できないという回答でございましたので、以下の提案をさせていただきます。

(1)両社承認のもと、第三者委員会の設置。公平性を重視する為、全国弁護士組合などを含み公平な機関にて選定された複数の弁護士による第三者委員会とする。

(2)弊社が合格実績数として計上した全てのご家庭に弊社からの学習指導があったのか、無かったのか、世間に疑われる「水増し」に該当する事実の有無を第三者委員会にて調査を実施。また、調査において必要な情報は全て開示させていただきます。

(3)弊社の営業活動において違法性の有無を第三者委員会にて調査。同様に調査に必要な情報は全て開示させていただきます。

(4)「カナガク」及び「JCAST」と御社(株)ステップとの関係性を第三者委員会にて調査。調査に必要な情報は御社より全て開示をしていただきたい。同様に弊社が得ている情報を第三者委員会に提出させていただきます。

(5)弊社社員(〔中略〕)による弊社内部資料の持ち出しにおいて御社が得た情報の有無と御社と弊社社員との繋がりについて第三者委員会による調査。調査において必要な情報は全て開示させていただきます。同様に御社が得ている情報を第三者委員会に提供をお願いいたします。

上記5点は両社において公平性を元に真実を調査する目的であり一方的な利益を求めるものではありません。また、第三者委員会の設置と上記の各調査におけるご協力を承諾いただけない場合、弊社の主義主張を伝えるべく、本紙を報道各社へ提供、及び弊社 HP に記載をさせていただきます。

事実確認の不足と一方的な御社の見解により発生した今回の騒動が1日も早く沈静化し、両社にとってあるべき姿に戻ることを切に願っております。

なお、ご回答に関しまして御社(株)ステップの意向として「第三者委員会の設置」の提案を承諾いただけるかの有無を 12 月 14 日 12 時までにご連絡をいただけますようお願い申し上げます。返答期日が非常にタイトになっておりますが、御社が先程(12月14日・11 時40 分)に示しました同日12 時と同様の時間でございます。まずはご意向だけでもご回答ください。ご回答がない場合は「設置は拒否」という認識で確認致します。

2020年12月14日

(株)臨海 代表取締役社長 佐藤博紀

広告


参考文献

ステップ,「臨海セミナーのホームページにおける発表について」,https://www.stepnet.co.jp/news/index.php?mode=d&id=664,2020 年 12 月 14 日.


関連記事

神奈川大手塾による不適切な営業活動について〔経緯まとめ〕
https://kanagaku.com/ote2020