湘南ゼミナール 英語「4技能バランスよく」県入試 2019


湘南ゼミナール小中部神奈川英語科コンテンツリーダーの神谷漠先生は、15 日の神奈川新聞 19 面に、平成 31 年度神奈川県公立高校入試(共通選抜)学力検査「英語」の分析と解説を寄せました。

神谷先生によれば、今年の英語も

昨年同様、4技能をバランスよく問う問題となっている。

ということです。

※ 神奈川新聞カナロコ,「【問題と解答】平成31年度 神奈川県内公立高校入試」, http://www.kanaloco.jp/article/386963/2/ ,2019 年2月 14 日.

https://web.archive.org/web/20190217175814/http://www.kanaloco.jp/article/386963/2/

広告



「4技能」とは

一般に英語の「4技能」とは、

英語を「聞く」「話す」「読む」「書く」力のことを指します。

※ 河合塾グループ,『時代を読み解く教育キーワード』「英語4技能」, https://www.kawaijuku.jp/jp/contents/keyword/detail.html?id=4skills ,2019 年2月 18 日閲覧.


都立高校はスピーキング導入へ

東京都教育委員会は 14 日、「『東京都中学校英語スピーキングテスト』について」と題した報道発表のなかで

今後、都立高校入試におけるスピーキングの技能の評価……を目的とし、都内公立中学校3年生等を対象に、民間資格・検定試験を活用した「東京都中学校英語スピーキングテスト(仮称)」を実施します。

と書いています。

東京新聞「都立高入試にスピーキング 『使える英語を』 現在の小6から」によれば、「都立高校入試におけるスピーキングの技能の評価」では

試験問題の作成から会場の運営、採点まで、主に資格・検定試験の民間団体が担う。客観性は複数人で採点することなどで担保する。

そうです。

https://web.archive.org/web/20190217174452/http://www.tokyo-np.co.jp/article/education/edu_national/CK2019021502100004.html

広告



神奈川県公立高入試の今後に注目

マークシート方式の前例

神奈川県公立高校入試では以前、都立高校入試を追うようにマークシート方式を採用したことがあります。

※ 都立高校が平成 28 年度入試から導入、神奈川県公立高校が平成 29 年度入試から導入。

都立高校入試

〔都立高校入試の採点ミスに関する〕再発防止・改善策の一つとして……平成28年度入学者選抜において……マークシート方式を全面導入した。

http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/administration/pr/files/toukyuoto_no_kyouiku/2-2.pdf#page=25

神奈川県公立高校入試

スピーキングも導入されるのか

今後、神奈川県公立高校入試でもスピーキングテストが導入されるのかどうかに注目です。


参考 「スピーキング」批判の急先鋒


Related Posts

広告


Tags

Ads: スタディサプリ, Z会, マイナビ進学