家庭教師のトライ 理科「難しめの出題が続いている」県入試 2019


家庭教師のトライ教育プランナーの宝田亮祐先生は、15 日の神奈川新聞 19 面に、平成 31 年度神奈川県公立高校入試(共通選抜)学力検査「理科」の分析と解説を寄せました。

宝田先生によれば

問題の難易度は昨年度と大きく変わらず、難しめの出題が続いている。

といいます。

【参考】2月 15 日神奈川新聞での神奈川県公立高校入試 2019


「難しめ」の理由は?

宝田先生の分析から、なぜ理科について「難しめの出題が続いている」と言えるのか読み取ってみましょう。

  • 「一問一答的な知識を問う出題は少なく、知識を土台に考察・計算することが求められる。」
  • 「思考力を問う問題が全体の3割程度を占めている……」
  • 「制限時間に余裕はなく、一問2分弱しかかけられない……」

こうしたことから、「難しめの出題が続いている」と言えるようです。

なお、宝田先生は 2017 年度入試、2018 年度入試でも分析を担当なさっています。

広告



参考 宝田先生の過去の分析

2018 年度入試

昨年と比べて、問題の難度がやや上がり、思考力が必要な問題が増加した。

※ 神奈川新聞カナロコ,「【問題と解答】平成30年度 神奈川県内公立高校入試」, http://www.kanaloco.jp/article/310422/5/ ,2018 年2月 14 日.

https://web.archive.org/web/20190217171305/http://www.kanaloco.jp/article/310422/5/

2017 年度入試

昨年度と比べて、問題の難易度が大幅に下がり、基本的な知識で解ける問題が多くなった

神奈川県公立高校入試2017 神奈川新聞の「分析と解説」


Sources

神奈川新聞 19 面,2月 15 日.

※ 2019 年2月 19 日追記.


Related Posts

広告


Tags

Ads: スタディサプリ, Z会, マイナビ進学