横浜市立小学校の給食当番エプロン準備は8月 26 日に通知

横浜市立小学校等では9月2日(木)から給食の提供が始まります 食べない場合)。

鯉渕教育長は8月 26 日(木)、給食当番の白衣等が不足する場合を想定し、各小学校長・校長代理宛てで以下のような通知を行っていました。

(4)給食当番について

分散登校により、グループごとに給食当番を設ける必要があるため、給食当番の白衣が不足することが想定されます。予備の白衣を加えても不足する場合は、下記1~3のとおり、エプロン等の代替品も可としますので、清潔なものを着用することとしてください。

  • 1 白衣に類するもの(エプロン、清潔なシャツなど、給食当番時のみ着用するもの)
  • 2 帽子に類するもの(三角巾、バンダナなど、頭と髪を覆うもの)
  • 3 マスク

※引用文中の強調はカナガクによります。

広告


関連記事

給食

横浜市立小学校等、分散登校中「給食なし」要望あれば応需
https://kanagaku.com/archives/49951

保護者が学校に対し「給食を食べさせたくない」と申し出ることは想定されています。少しでも給食時の感染の危険を感じるようであれば、学校に相談してみるのがよいでしょう。

登校自粛

感染不安の登校自粛は欠席にしない 横浜市議が教委に確認
https://kanagaku.com/archives/49983

  • ①子が日中のワクチン接種の場合
  • ②子が接種の副反応で休む場合
  • ③家族陽性で子が濃厚接触者の場合
  • ④父が濃厚接触者で子が自宅待機させたい場合
  • ⑤感染リスクから自宅学習を希望した場合

全て、欠席扱いにしない

評価(いわゆる「内申点」)

26 日 横浜市鯉渕教育長通知、分散登校時の「評価」触れず
https://kanagaku.com/archives/49975

広告


参考文献

〔横浜市〕教育長〔鯉渕信也〕,「9月1日以降の市立学校の段階的な教育活動の再開について(通知)」教小企第 2017 号,令和3年8月 26 日.

横浜日吉新聞

各学校を通じて保護者へ通知できる」(市教委)などとして、市の公式サイトで市民向けには情報発信を行う考えは無いといいます。

なお、この市教育委員会からの通知をもとに各学校が判断するため、学校によって対応が異なる場合があります。

※引用文中の強調は原文によります。

横浜日吉新聞,「<横浜市>小中学校の「夏休み」は8月末まで延長、市民向けには公表せず」,https://hiyosi.net/2021/08/24/school-16/,2021 年8月 24 日.
https://megalodon.jp/2021-0827-0700-09/https://hiyosi.net:443/2021/08/24/school-16/