横浜市立小学校等、分散登校中「給食なし」要望あれば応需

横浜市立小学校等では、9月1日(水)から9月 13 日(月)までの分散登校期間中、以下のケースを給食費の減額対象とします。

  • 登校しても4日間以上連続して給食を食べない申し出があった場合
  • 家庭学習で、緊急受け入れにも参加しない日があった場合

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続くなか、小学校等で大人数で給食を食べる場面はハイリスクに感じられるかもしれません。

保護者が学校に対し「給食を食べさせたくない」と申し出ることは想定されています。少しでも給食時の感染の危険を感じるようであれば、学校に相談してみるのがよいでしょう。

広告


参考文献

〔横浜市〕教育長〔鯉渕信也〕,「9月1日以降の市立学校の段階的な教育活動の再開について(通知)」教小企第 2017 号,令和3年8月 26 日.

横浜日吉新聞

各学校を通じて保護者へ通知できる」(市教委)などとして、市の公式サイトで市民向けには情報発信を行う考えは無いといいます。

なお、この市教育委員会からの通知をもとに各学校が判断するため、学校によって対応が異なる場合があります。

※引用文中の強調は原文によります。

横浜日吉新聞,「<横浜市>小中学校の「夏休み」は8月末まで延長、市民向けには公表せず」,https://hiyosi.net/2021/08/24/school-16/,2021 年8月 24 日.
https://megalodon.jp/2021-0827-0700-09/https://hiyosi.net:443/2021/08/24/school-16/