荒川洋治「はじめての詩」定期試験問題 横浜市立中学校 H26


平成26年度 横浜市立中学校1年生 前期期末試験では、荒川洋治「はじめての詩」から以下のような問題が出題されました。

荒川洋治「はじめての詩」定期試験問題

問1

傍線部①「山林に自由存す」とは、どういう意味だと筆者は考えていますか。文章中から十字でぬきだしなさい。

問2

傍線部②「今ここにあるものを摘み取られ、高々と掲げられたような気持ちになった。」について。
(   )の中に文章中の言葉を入れて、次の文を完成させなさい。

明治の詩人( ア )が、僕の家を囲んでいる( イ )を取り上げて詩に詠んだような気がして、( ウ )と思った。

問3

傍線部③「ある日、僕は詩人国木田独歩になった気持ちで、家を出」て、松林の中を歩いて、何をしましたか。次の(   )の中に入る言葉を文章中からさがして書きなさい。

一冊の( ア )に、生まれて初めて( イ )らしきものを書いた。

問4

傍線部④「その違い」とありますが、何と何との違いを指しますか。文章中の言葉で答えなさい。

問5

傍線部⑤「文学の言葉は、普通のものに見えるのだけれど、そうではない。どこか夢のようなものだ」とありますが、これは、「文学には読んだ人に( ア )や( イ )を与える力がある。」ということだ。

*アは漢字二字 イはひらがな四字

参考


  


Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学
Tags: