合格可能性 80 %基準値 2023

新羽高校 2022 入試 4割得点で第2次ボーダークリア余裕

2022 年度 神奈川県公立高校入試において、新羽高校第二次ボーダーをクリアするためには学力検査4割得点200 /500 点)で余裕があったと予想されます。

合格発表前にカナガクが送信したメッセージをリライトしています。


2021 年度ボーダー

まず 2021 年度入試のデータを見てみます。

※ステップ平均点は 2022 の新羽がないため、ほぼ同じ偏差値の茅ケ崎西浜を併記します。

倍率・ボーダー

  • 最終倍率 1.21 倍
  • 第一次選考ボーダー af+bg 382 /800
  • 第二次選考ボーダー(97 %ライン)185 /500
  • 第二次選考ボーダー(実測)164 /500

ステップ平均点

  • ステップ平均(新羽)232.6 /500
  • ステップ平均(茅ケ崎西浜)236.0 /500

2022 年度 受検倍率・問題難度

次に 2022 年度入試のデータです。

  • 受検倍率 1.17 倍
  • ステップ平均点(茅ケ崎西浜)217.6 /500

これらを見ると、倍率が緩和し、さらに問題が難化したことが分かります。

このため、第一次選考ボーダー・第二次選考ボーダーともに下がると考えられます。


4割得点で十分に合格圏内と予想

昨年、新羽は面接で 20 /1000 しか差をつけませんでした(最高点と最低点との差)。

以上を考えると、おそらく4割得点があれば、少なくとも第二次選考で合格できたと考えられます。