学芸大附属は辞退可 入学確約は「気持ち」 附属校運営部長

教育・受験ジャーナリストの見沼晋太朗@schooljyuken)氏は 27 日、

東京学芸大学附属高校入試に大学が見解「辞退問題なし」

と題した note を投稿。東京学芸大学附属学校運営部の金子一彦教授(教育学学士)への取材で

を運営部見解として引き出しました。

金子教授は見沼氏の取材に誠実に対応し、運営部(大学)と大野校長(高校)との間に見解の乖離は無いとしています。

2019 年度入試で問題となり2020 年度入試でも実際にはあったと推測される学芸大附属への入学辞退は、見沼氏による取材では、「可能」であると確認されました。


参考文献