内申基準早見表

神奈川の新制県立高校 1948 年発足「初期メンバー」29 校

2011 年、永谷高校の荻野賢先生は『神奈川県立総合教育センター長期研究員研究報告』9(73 ~ 78 ページ)に

戦後神奈川における新制高等学校についての一考察
――「高校三原則」を中心として――

を発表しました。

これによれば、

神奈川の場合、昭和 23 年4月に発足した新制高等学校は合計で108校であった。うち公立高校(県立、市立等)が計 55 校、私立高校が計 53 校〔中略〕。ちなみにこのとき発足した県立高校は、以下の 29 校である

といいます。ここではその「29 校」を一覧表にします。

広告


神奈川県立高校「初期メンバー」29 校

学校名(当時)現校名
横浜第一希望ケ丘
横浜第二横浜翠嵐
横浜第三横浜緑ケ丘
鶴見
川崎
横須賀
湘南
平塚平塚工科
小田原
厚木
秦野
横浜第一女子横浜平沼
横浜第二女子横浜立野
横須賀女子横須賀大津
平塚女子平塚江南
小田原女子小田原
厚木女子厚木東
上溝女子上溝
秦野女子秦野総合
山北女子山北
平塚農業
相原農蚕相原
愛甲農業中央農業
吉田島農林吉田島
神奈川工業
商工
横須賀工業
川崎工業川崎工科
三崎水産海洋科学

広告


Sources

荻野賢,「戦後神奈川における新制高等学校についての一考察 ――「高校三原則」を中心として――」『神奈川県立総合教育センター長期研究員研究報告』9(73 ~ 78 ページ), https://www.edu-ctr.pref.kanagawa.jp/kyouikushi/seikapdf/h22seika.pdf ,2011 年.