神奈川県公立高校入試 不登校などへの「配慮」 2020 年度入試


神奈川県教育委員会は2日、県ホームページ上で

〔令和2年度神奈川県公立高校入試における〕
特別な事情のある人の学力検査等での配慮について

と題した PDF ファイルを公開しました。


特別な事情のある人の学力検査等での配慮について


http://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/nyusen/nyusen/documents/885926.pdf

広告



長期欠席の「特別な理由」

平成 30 年度入試用「取扱い」によれば、長期欠席の「特別な理由」には

  • 病気
  • けが
  • 体調不良
  • 家庭の事情
  • 友人関係等の不調

などが認められます。


欠席日数が3分の1以上で「配慮」される

また、同じ平成 30 年度入試用「取扱い」によれば、「資料の整わないものとしての選考」を活用できるのは、

第2学年、第3学年のいずれかの学年、または両方の学年において、欠席日数等(※)が出席しなければならない日数の3分の1以上である

受験生です。「教育支援センターや民間教育施設等での指導を受け、出席扱いとなった日数も考慮」されます。

「資料の整わないものとしての選考」では、

  • 2年生のときの内申点だけを使う
  • 3年生のときの内申点だけを使う
  • 内申点を使わない

の3つの「取扱い」のなかから、自分の希望するものを申請できます。

広告



「資料の整わないものの選考」

定員枠

「資料の整わないものとしての選考」は、その選考を志願した受験生の人数分、定員を確保して行われます。これによって第2次選考の定員枠が削られます

※ 第2次選考の定員枠だけでは収まらない場合、第1次選考の定員枠を削ります。令和2年度入試用『実施要領』13 ページ
を参照。

選考方法

「資料の整わない者については、参考にできる資料を活用して適正に選考」されます(『実施要領』13 ページ)。


参考

神奈川県公立高校入試 長期欠席者の「特別の事情」の例
https://kanagaku.com/archives/21049


Sources

神奈川県教育委員会,「特別な事情のある人の学力検査等での配慮について」, http://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/nyusen/nyusen/documents/885926.pdf ,2019 年7月2日(同4日閲覧).


Related Posts

広告


Tags

Ads: スタディサプリ, Z会, マイナビ進学