神奈川県公立高校入試 長期欠席者の「特別の事情」の例


神奈川県教育委員会

平成30年度入学者選抜用
長期の欠席について病気など特別な事情を有する志願者の取扱い
(資料の整わないものとしての選考)を希望する志願者の方へ

と題した文章のなかで、「資料の整わないものとしての選考」を希望する際に提出する第7号様式に記入する「長期欠席の理由」の例を挙げています。

記入例

  • 病気
  • けが
  • 体調不良
  • 家庭の事情
  • 友人関係等の不調

※ 強調はカナガクによります。


この例のなかには、病気・けがとは別の「体調不良」や、「家庭の事情」、「友人関係等の不調」といった理由も挙げられています。

「第2学年、第3学年のいずれかの学年、または両方の学年において、欠席日数等(※)が出席しなければならない日数の3分の1以上である」受験生は、「資料の整わないものとしての選考」(★)を積極的に活用していくことができます。

※ 「教育支援センターや民間教育施設等での指導を受け、出席扱いとなった日数も考慮」されます。

★ 「資料の整わないものとしての選考」では、

  • 2年生のときの内申点だけを使う
  • 3年生のときの内申点だけを使う
  • 内申点を使わない

の3つの「取扱い」のなかから、自分の希望するものを申請できます。


参考


Related Posts

広告


Tags

Ads: スタディサプリ, Z会, マイナビ進学