神奈川県公立高校入試 2019 予想平均点変動(難化/易化)科目別

神奈川県教育委員会は、公立高校入試における科目別平均点を、過去 11 年分にわたって公開しています。

新制度入試の開始後5年分のデータから、今年行われる平成 31 年度入試科目別平均点変動難化易化)を予想すると

国語は難化、社会は易化

すると思われます。


過去6年平均点推移

広告


国語は難化

グラフは、過去5年間の科目別平均点推移です。まずは国語の平均点推移を表す黄色いグラフを見てみましょう。

黄色いグラフはずっと高止まりしており、国語が毎年かんたんであることを表しています。他の科目とのバランスを取るためにも、難化が意図されることでしょう。


社会は易化

一方、社会を表すピンク色のグラフを見てみると、ずいぶんと下に下がっていることが分かります。

これは平成 30 年度入試で問題が難しくなり過ぎて、平均点が下がったことを表します。

今年の社会は、きっと去年よりもかんたんになるでしょう。


参考

神奈川県公立高校入試 2019 合格予想ボーダーライン変動 1次
https://kanagaku.com/archives/25700

神奈川県公立高校倍率 2019 本試験受検倍率(2月 14 日の倍率)
https://kanagaku.com/archives/25714


Sources