『ルラルさんのだいくしごと』読書感想文


いとうひろしルラルさんのだいくしごと読書感想文です。

分量は、題名・学校名・氏名を除き、400字詰め原稿用紙で2枚ぴったりです。


ルラルさんのだいくしごと

広告



『ルラルさんのだいくしごと』を読んで

神奈川 太郎

 ぼくは『ルラルさんのだいくしごと』を読んで、はじめ、ぜんぜんいみがわかりませんでした。いったいこのお話は、なにが言いたいのだろう? だいたい「かわら」って何?

 そこで、ぼくは、このお話をお父さんにも読んでもらうことにしました。

 「ねえねえ、お父さん、このお話、いったい何が言いたいの?」

 お父さんに言わせれば、このお話は「はしごをはずされる」お話だそうです。

 「はしごをはずされる」というのは、大人のことばで、「友だちのうらぎりで、たいへんなことになる」ことのたとえだそうです。

 ルラルさんは、雨もりをなおしにやねにのぼります。しごとはぶじにおわりました。ところが、やねからおりようとしたときに、はしごがたおれてしまっていることに気づきます。ルラルさんはにわのみんなにこえをかけて、たすけてもらおうとしました。みんなはすぐにやってきたのですが、はしごをかけてくれません。かわりに、そのはしごをオモチャにして、あそびにでかけてしまいました。

 お父さんは言います。

 「これは、自分のどうぐが友だちにオモチャにされることへのかなしみ、あきらめをかいているんだよ」

 かわいそうなルラルさん。やねのうえでボーっとするしかありません。そして、そんな自分をうけ入れるしかありません。

 お話のさいご、ようやくみんなが帰ってきて、ルラルさんをおろしてあげました。おりてきたルラルさんに、みんなは、オモチャ(はしご)であそぶのがどれほど楽しかったかをつたえました。ルラルさんは「それは、よかったね」とわらいます。

 でも、「みんな」のうちのだれが気づくでしょうか。そのルラルさんのえがおのさびしさに。

 友だちの大切などうぐをオモチャにしてあそぶのは、ぜったいにいけません。


Related Posts

広告


Tags

Ads: スタディサプリ, Z会, マイナビ進学