『きみ、なにがすき?』読書感想文


はせがわさとみ『きみ、なにがすき?』読書感想文です。

分量は、題名・学校名・氏名を除き、400字詰め原稿用紙で2枚ぴったりです。


きみ、なにがすき?

広告



『きみ、なにがすき?』を読んで

神奈川 太郎

 『きみ、なにがすき?』をよんで、ぼくは、

 「あなぐまくんとは、友だちになれそうにないなあ」

 と思いました。あなぐまくんが、友だちのことを気にしすぎているからです。友だちの気もちばかり考えているのは、うっとうしくありませんか。ぼくがすきなものをもって、

 「こういうのがすきなんでしょ?」

 と近づいてくるあなぐまくん。いま、べつにそれはいらないな、と言うと

 「なにしたら、きみ うれしいんだい?」

 とおこりだすあなぐまくん。そんなあなぐまくんは、うっとうしくありませんか。

 自分のにわには、自分が「いちばんつくりたいもの」を作ればいいと思います。だいたい、自分に作りたいものがない人に、何かを作ってほしいですか? あなぐまくんはほかの友だちのことを気にしすぎです。もっと自分のことを考えたほうがいいと思います。まわりのみんななんて、どうでもいいではありませんか。

 たしかにぼくたちはよく言われます。

 「人への思いやりを大切にしましょう」

 だとか、

 「人がいやがることをしてはいけません」

 だとか。でも、そんなに人のことばかり気にしてどうしようというのでしょう。

 自分が自分のことを、つまり、ぼくがぼくのことをいちばんに考えられなくて、だれがぼくのことを考えてくれるというのでしょう。友だちに合わせてばかりだなんて、ぼくはいやだし、友だちに合わせてばかりの子と友だちになりたいとは思えません。

 あなぐまくんは、自分ひとりでしあわせになれない人です。そんなあなぐまくんがしあわせになるために「つかわれる」のはいやです。

 けっきょくあなぐまくんが作ったのはテーブルといすでした。これはけっこうザンコクなおわりかただと思います。


Related Posts

広告


Tags

Ads: スタディサプリ, Z会, マイナビ進学