大和東高校 2017年度最後の授業 クリエイティブスクールの学び


大和東高校は19日、公式ツイッターアカウントで、『最後の授業』と題したツイートを発信しました。


倍率の立つクリエイティブスクール

大和東高校はクリエイティブスクールです。高校での学び直しを重視し、中学校時代に十分に能力が評価されなかったみなさんに、手厚い指導を行っています。

また、NPOとの連携やSNSの活用などにも積極的です。その結果か、平成30年度入試においては、クリエイティブスクールのなかでは頭ひとつ抜けた人気となりました。

【参考】


つまづいたところから、もう一度

19日のツイートに添付された画像からは、そんな大和東の授業内容を知ることができます。

画像は2枚で、1枚は教室の全景、もう1枚はプリント学習に取り組む生徒の手元です。このうち、後者の画像のプリントの内容を見てみましょう。

プリントのタイトルは「都道府県庁所在地と都道府県」。写真の生徒さんは一生懸命「さっぽろ」、「北海(道)」などと答案を記入しています。青森県の県庁所在地を「平野(市)」と書いているのは、地図帳を使えている証拠でしょう。

他の高校でここまで戻って勉強するのは難しいと思われますが、実際には、47都道府県の位置・都道府県庁所在地があやふやな方も多いのではないでしょうか。

自分がつまづいたところまで、きちんと戻って勉強できる。クリエイティブスクールならではの学びの姿が見られます。


Related Posts

広告


Tags

Ads: スタディサプリ, Z会, マイナビ進学