『ばあばは、だいじょうぶ』読書感想文例


『ばあばは、だいじょうぶ』読書感想文例です。

分量は、題名・学校名・氏名を除き、400字詰め原稿用紙で2枚ぴったりです。

ばあばは、だいじょうぶ

広告


『ばあばは、だいじょうぶ』を読んで

神奈川 太郎

 だいすきなばあばが「わすれてしまう」びょうきになったら、どうしよう。「わすれてしまう」びょうきは、とてもこわいものです。

 このお話のなかの「ばあば」は、「わすれてしまう」びょうきになってから、「ママ」の手づくりのイチゴジャムをぜんぶたべてしまいました。「ぼく」も、「パパ」も、だいじにすこしずつたべていたのに。夏になると、「ばあば」は、となりのいえのにわの花をおってしまいました。秋になると、どんぐりを「おかき」だといって、はいざらに入れて「ぼく」にさしだしました。おちゃだといって、かれはののみものを「ぼく」にすすめました。「ぼく」は「いらない!」とさけんで、へやからにげだします。

 だいすきなばあばが、だいすきなばあばではなくなってしまう……。こんなにこわいびょうきはありません。かわってしまったばあばは、できるだけ見たくありません。「ぼく」は、「ばあば」のへやをのぞかなくなりました。学校からかえると、すぐにじぶんのへやにいくようになりました。

 冬、「ばあば」は、とつぜんいなくなってしまいました。げんかんには「ばあば」のくつがならんでいます。はだしででかけたようです。

 「ぼく」は「ばあば」のへやをのぞきます。とだなのひきだしには、「ばあば」がかいたたくさんのメモがつまっていました。

 ――めいわくばかりで、すみません

 ――つばさは、やさしい子

 ――ごめんね

 「ばあば」も、「ばあば」で、なやんでいたのです。「ばあば」はけっきょく、となりのいえのおじさんにたすけてもらえました。

 ぼくたちはみんな、いつか、「わすれてしまうびょうき」になるかもしれません。じぶんがそうなったときに、ぼくはだれかにたすけてもらえるでしょうか。それは、きっと、いまのぼくしだいなのでしょう。


広告


twitter


参考

話題ネタ!会話をつなぐ話のネタ,「『ばあばは、だいじょうぶ』読書感想文あらすじ・オススメ度・書き出し例文」, http://xn--5ck1a9848cnul.com/9007 ,2017年7月7日閲覧.


Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学