志願変更前の倍率 2023

神奈川大学給費生試験 解答速報 2023 英語 大問4

2022 年 12 月 18 日()に実施された神奈川大学給費生試験 2023「英語」大問4に係る解答速報解説です。

4の問題は外国語学部全学科,国際日本学部国際文化交流学科の受験者のみ解答してください。


問1

1.

解答

① complete「まったくの,完全な。全部の,すべてそろった」

解説

正答
comprehensive

the comprehensive analysis の comprehensive の意味に最も近いものを選びます。

comprehensive「包括的な,すべてを包含する(complete);〈理解力が〉幅広い,理解力のある」

であるため、答えは① complete。

comprehensive は、動詞 comprehend「理解する。包む,(暗に)包含する;〈地域・演説などが〉…に及ぶ」の派生語。

名詞は comprehension「理解(力)(understanding)」で、これは英語の教科書などに「comprehension check」といった形で出てきそうです。

comprehensive 自体は CTBT「包括的核実験禁止条約(Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty)」のCでもあります。部分的核実験禁止条約は PTBT (Partial Test Ban Treaty)。

complete

complete については、『英和辞典』1565 ページで perfect との対比で説明されており、

perfect は欠点や弱点のない完全無欠な状態をいう.complete は欠けた部分がなく「完備した,すべてがそろった」の意

です。

誤答

② competitive「競争的な。競争力のある」(形容詞)
compete「競争する」(動詞)の派生語。同根の語に competition「競争。競技会,コンペ」(名詞)があります。

③ confident「〔…に〕自信がある,自信に満ちた」
confidence「自信」。-t か -ce かで形容詞か名詞化が分かれるケースは different, difference や important, importance など多数。

④ content「〔…(すること)に〕満足して」(形容詞)、「〔…(すること)に〕満足する」。
同綴異義語に content「内容物,中身」。

2.

解答

② widespread「広範囲に及ぶ;広く行きわたった」。

解説

mass「大量の,大規模な,広範にわたる」

① religious「宗教上の」
regional「地方の,地域の」との混同を狙った誤答の選択肢でしょうか。

③ familiar「よく知っている,なじみのある」

④ urgent「緊急の,差し迫った」

3.

解答

① calculated「計算する」

解説

assess「評価する,査定する」

② ignore「無視する」

③ trade「取引する,交換する」

④ produce「作り出す,生産する,制作する」

4.

need slightly different ways の slightly「わずかに、ちょっと、少し、やや、若干」に最も近いものを選びます。

解答

① somewhat「少々、やや、幾分、ちょっと、多少、若干、いささか」

解説

② quite「かなり、なかなか、すごく、非常に」
quit「やめる」、quiet「静かな」に似ているので注意。

③ highly「非常に、高度に」

④ perfectly「完全に、完璧に」

5.

no other sector of the economy の sector「〔産業などの〕部門,分野」に最も近いものを選びます。

解答

④ part「〔全体の〕一部、部分」

agriculture は economy のなかの、ひとつの sector。

用例

The agriculture sector has played important roles in Indonesian socio-economy.

https://openjicareport.jica.go.jp/pdf/12006102_02.pdf#page=2

解説

① type「〔共通の特徴を有する〕型,類型,タイプ」

② scale「規模,スケール。(数量・程度を測定するための)段階,等級,階級」
scale of economy「経済規模」

③ grip「しっかりつかむこと,握り。支配,制御」

広告





問2

6.

解答

③ The area of land used for agriculture could be decreased by over three-quarters.

解説

正答

第2段落の第1文、

without meat and dairy consumption, global farmland use could be reduced by more than 75 percent

の部分に相当します。

※ dairy の発音は/dέəri/。air が d と y とに挟まれています。

誤答

まず①について。

集団としての人々 people が食生活 diet を変えた結果として、個々人 each person が環境に与える影響が大きくなる――というのはおかしな話です。個々人が食生活を変えると、その結果として集団が環境に大きな影響を与えるというのなら分かります。

②は not が不適当。育てる作物を飼料用作物から穀物に変えるなどすれば、むしろ食料の供給は容易になるでしょう。

④動物たちは農業 farming によって悪影響を受けているといいます。だから、食生活が変わり、飼料用作物に割かれていた農地が自然地域 wild area となれば、野生動物たちはより生きやすくなるでしょう。

7.

解答

④ They examined many different types of foods and how they affected the environment.

解説

正答
  • many different types of foods が、第3段落の 40 food products に、
  • how they affected the environment が、同じく第3段落の the full impact of these food, … に、

それぞれ相当します。

誤答

① They analyzed how the most expensive foods … affected the environment. の部分が誤り。最も高価な食物がどのように環境に与えるのかを分析したというわけではありません。

8.

解答

④ Because there are so many farms, and they require various methods to achieve change.

解説

正答
  • there are so many farms が、第7段落の There are over 570m farms に、
  • they require various methods to achieve change が all of which need slightly different ways to reduce their impact に、

それぞれ相当します。

誤答

①。確かに、政府による補助 subsidy や課税 tax について第8段落で触れられています。しかし、政府にお金がないとは述べられていません。そもそも政府は毎年5千億ドルを農業振興 agricultural subsidies に使っているのですから、お金がないわけではなさそうです。

②。農家の学 education の有無については触れられていなかったはずです。

③。5億7千万の農家すべてがすこしずつ異なる環境負荷低減方法を必要としています。the same が誤り。

9.

設問の文章がやや難しいかもしれません。Which of the following measures は 従属名詞節中で will の主語として働いています。

解答

① Adding information to food packaging about the food’s effect on the environment.

解説

第8段落の Labels that reveal the impact of products would be a good start が相当。

10.

解答

② Farms for freshwater fish were found to be more harmful to the environment than previously thought.

解説

正答

第9段落の One surprise from the work was the large impact of freshwater fish farming に相当。

freshwater fish farming は概ね「内水面養殖業」。

広告




理数個別指導学院による全問〔大問1~3〕解答速報

神奈川大学給費生試験 解答速報 2023 英語 理数個別指導学院
https://kanagaku.com/archives/61993


参考文献

南出康世 編集主幹,大修館書店,『ジーニアス英和辞典 第5版』第2刷,第1刷発行 2014 年 12 月 25 日.

株式会社アルク,「英辞郎 on the WEB」,https://eow.alc.co.jp/