合格可能性 80 %基準値 2023

津久井浜高校 2022 年度入試 第2次選考ボーダー予想

2022 年度入試における津久井浜高校第2次ボーダーを予想すると、学力検査得点で

  • 230 点だと合否どちらに転ぶか分からない
  • 240 点なら合格しそう

だと思われます。

以下、その根拠です。

※合格発表前にカナガクが送信したメッセージをリライトしています。


過去2年の第2次選考ボーダー

倍率

まず、2021 年度入試の結果ボーダー(※ 97 %ライン)は、神奈川全県模試調査で 252 点でした(倍率 1.30 倍)。

2020 年度入試の結果ボーダー(※ 97 %ライン)は、やはり神奈川全県模試調査で 210 点(倍率 1.04 倍)。

なお、2020 年度入試では倍率が低かったため、169 点での合格者が報告されています。

神奈川全県模試は疑わしいデータが報告された場合、電話等で確認をしますので、これは実際に 169 点での合格者がいたということなのでしょう。

学力検査難易度

津久井浜高校の偏差値は 45 ~ 49 程度。そのレベル帯の平均点は、

  • 2021 年度入試 272.7 点
  • 2020 年度入試 256.5 点

です。


倍率変動・難易度変動

倍率

2022 年度入試の津久井浜高校の受検倍率は 1.18 倍でした。

学力検査難易度

瀬谷松栄塾の田中先生の予想では、2022 年度入試において「偏差値 46 の生徒は 245 付近」に着地しそうかな――と予想しています。易化した 2021 年度入試から大きく下げ、また、その前の 2020 年度入試よりもやはり 10 点程度下げる予想です。


2019 年度の第2次選考ボーダー、倍率

ボーダーをより過去にさかのぼると、

2019 年度入試 結果ボーダー(97%ライン)215 点(倍率 1.08)

です。2019 年は全体平均点が比較的低かった年でした(問題が難しかった)。

こうしたことから考えると、特に倍率がボーダーラインに大きく影響するだろうことが分かります。


ボーダーは 2018 年度入試と近似で 230 点付近か

2022 年度入試の倍率 1.18 倍に近い倍率だったのは、2018 年度入試の 1.17 倍。その年の結果ボーダー(97%ライン)は 230 点でした。合格者最低点(実測)は 228 点。

以上から、おそらく 2022 年度入試のボーダーラインも 230 点付近になり、より安心できるラインとしては 240 点付近になるのではないかと思われます。

※2018 年度入試の全体平均点は概ね 2019 年度入試と同じです。