暫定倍率 2023 神奈川県公立高校入試

市立戸塚高校一般 2022 入試、学力検査 365 点で合格と予想

2022 年度 神奈川県公立高校入試において、学力検査得点365 点あれば市立戸塚高校一般コース)に合格できたものと思われます。

合否発表前にカナガクが送信したメッセージをリライトしています。


倍率

まずは倍率。受検倍率ベースで 2021 年度入試から 2022 年度入試にかけて

1.45 → 1.28

と大幅に緩和しました(それでもずいぶん高い倍率ではあります)。


学力検査問題の難易度変動と、昨年度ボーダー

難易度変動

2022 年度入試では学力検査問題が難化しています。

※ただし、ステップ平均点(市立戸塚、一般コース)はあまり下がっていません。

昨年度ボーダー

ボーダーラインを見てみましょう。

神奈川全県模試による追跡調査結果(確報)によれば、市立戸塚の 2021 年度入試ボーダーは

  • 第1次 af+bg 627 /800
  • 第2次実用値 380 /500 点
  • 第2次実測値 364 /500 点

でした。


学力検査得点 365 で合格と予想

2021 年度入試から 2022 年度入試にかけて、倍率が緩和し問題が難化しています。つまり、いわばダブルで合格しやすくなっています。

こうしたことから考えると、冒頭の通り、たとえば学力検査得点が 365 点あれば市立戸塚高校(一般コース)に合格できたものと思われます。

戸塚は 2021 年度入試で面接点の差を大きくつけました。面接に自信があればよりよいでしょう。