抗原簡易キット導入校の高校生、検体採取は自分で鼻腔から

政府は現在、希望する高校に対して新型コロナウイルス感染症の抗原検査を行える「抗原簡易キット」の配布を進めています。

文科省資料によれば、このキットは咳や喉の痛みなどが表れた生徒等が使うものです。使用は希望者のみ。強制されることはありません。検体の採取は自分で鼻腔から行います。

検体採取時には先生が立ち会いますが、先生は離れた位置に立ったり、ガラス窓越しに立ったりします。

抗原簡易キットでの検査結果が陽性の場合には「医療機関を必ず受診するよう」促され、帰宅します。陰性の場合にも、やはり帰宅させられるなどの対応が講じられます。


高校等におけるキットの利用フロー図(イメージ)


キットを利用する際の検体採取の方法に関する生徒等への説明イメージ図

広告


参考文献