早稲田アカデミー、新型コロナ対策に不織布マスク性能指定

早稲田アカデミーは 16 日、「新型コロナウイルス感染拡大防止に関する重要なお知らせ」を更新しました。

お知らせでは校舎でのマスク着用に関し、

  • 「職員(講師・事務)は全員、基準を満たしたマスクを常時着用します」
  • 「生徒・保護者の皆様も、通塾時・ご来校時にはマスクの着用をお願いします」

とした上で、マスクの「基準」を明示。

校舎内の全員に対して、

不織布のサージカルマスク(「JIS T9001 クラス Ⅱ 準拠」または「ASTM F2100-19 レベル 2 適合」、もしくは「VFE 98%以上」の表記がある不織布マスク)

という基準を満たすマスクの着用を求めています。


関連記事

不織布マスク、布・ウレタンマスクより優れる 厚労省資料
https://kanagaku.com/archives/49049


参考文献

早稲田アカデミー,「新型コロナウイルス感染拡大防止に関する重要なお知らせ」,https://www.waseda-ac.co.jp/info/2020/detail/covid-19.html,2019 年8月 18 日閲覧.
https://web.archive.org/web/20210817163640/https://www.waseda-ac.co.jp/info/2020/detail/covid-19.html