神奈川県立高校、夏休み明けは時差通学&短縮授業6コマ

神奈川県は 17 日、「県教育委員会における今後の教育活動等について(令和3年8月 17 日現在)」を公開しました。

この資料によれば、神奈川県立高校では夏休み明け、

  • 朝の時差通学を徹底する
  • 下校時の混雑回避を図るため、40 分×6コマ短縮授業を基本とする
  • 必要に応じて分散登校を実施できるよう、校長はカリキュラム等の検討を行う

といった、新型コロナウイルス感染症対策を採ります。

現時点では一斉休校やオンライン授業などは資料に載っていません。

部活動は実施可能。修学旅行等の宿泊を伴う行事については延期または中止。宿泊を伴わない校外活動でも県境を越えるものについては延期または中止(部活動の大会は校長と教育委員会とで協議)。文化祭体育祭等については来場者を児童・生徒と保護者に限定するなど感染防止対策を徹底するとしています。


関連記事・参考文献

神奈川県立高校の新型コロナ対応 2021 年8月 17 日版
https://kanagaku.com/archives/49364