合格可能性 80 %基準値 2023

横浜市教委、正式調査ないがコロナ禍での学習遅れほぼない

2020 年度、横浜市立学校各校においてコロナ禍による学習の遅れはほぼ発生しませんでした。7月9日に行われた横浜市教育委員会定例会での報告。

文部科学省は昨年、各教育委員会等に対して「令和3~4年度までを見通した教育課程の編成を可能にする」特例を認めていましたが、横浜市立学校では令和2年度の学習内容を同年度内にほぼ扱い終えた模様です。

ただし、正式な調査は行われておらず、あくまでも「聞き取り」による報告。


横浜市教委で報告 コロナ禍での学習の遅れほぼない

TwitCasting の 15:50 付近から。

いわゆる未履修のようなこと、昨年度のことですけれども、昨年度につきましては仰るように文科から翌年に繰越してよいような連絡通知が来てございますけれども、横浜市の場合は、正式な調査をしているわけではないのですけれども、聞き取りによりますと、昨年度の内容は昨年度のうちに、その学年のうちに終えるように各学校いろいろ工夫して取り組みまして、ほぼそのようなことでできていると考えております。


文部科学省からの通知

文部科学省,「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた学校教育活動等の実施における「学びの保障」の方向性等について(通知)」2文科初第 265 号,https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/content/20200526-mext_syoto02-000007440_3.pdf,2020 年5月 15 日.


公立中学校の学習進度と試験範囲


参考文献

横浜市教育委員会 令和3年7月9日定例会 録音データ

きむちゃん(一人から始めるリコール運動事務局長),「モイ!iPhoneからキャス配信中 – / きむちゃんキャス」,https://twitcasting.tv/kimchan0213/movie/691374752,2021 年7月9日.