神奈川県高校奨学生第二種奨学金、県外校生にも無利子貸付

神奈川県高等学校奨学金の「区分2」、第二種奨学金県外の高校に通う生徒でも利用可能です。

給付ではなく無利子貸付け。第一種奨学金(県内在住、県内学校在学者向け)と異なり卒業時の免除がありません。年収概ね 800 万円未満程度の世帯が対象です。

※ 2020 年度資料を参考にしています。


神奈川県高校奨学金 第二種奨学金 2020

区分2:第二種奨学金(卒業時の免除はありません。)

〈要件〉

  • 保護者が県内に住所を有すること(生徒本人は学校の寮など県外在住でも可)。
  • 高等学校、中等教育学校の後期課程、特別支援学校の高等部又は専修学校の高等課程(以下「高等学校等」という。)に在学する生徒であること(県外の高等学校等でも可)。
  • 保護者の都道府県民税所得割額及び市町村民税所得割額の合計が 409,600 円未満(年収概ね 800 万円未満程度の世帯)であること。

貸付月額は私立高校等に通う生徒で最大 40,000 円(「加算」込みの額)。

募集人数は 2,600 人程度(予約採用・定期採用・随時採用の合計)であり、応募者多数の場合には

  • 貸付けを受けられない場合や、
  • 貸付月額の「加算」を受けられない場合

があります。

※引用文中の強調はカナガクによります。


参考文献

神奈川県教育委員会,「令和2年度 神奈川県高等学校奨学金奨学生の募集について」,https://kokusai-high.ws.hosei.ac.jp/images/topics/1585731327/1585731327_201.pdf,2020 年4月.

https://web.archive.org/web/20200411205829/https://kokusai-high.ws.hosei.ac.jp/images/topics/1585731327/1585731327_201.pdf


関連記事

神奈川県・横浜市奨学金募集要項 2020 を法政国際がアップ
https://kanagaku.com/archives/33928