神奈川県公立高校入試 面接で差がつく高校 横浜北 速報 ’21

2021 年度 神奈川県公立高校入試における面接での得点状況です。

ここでは横浜北地区の各高校について、どれぐらい差がついたのかをまとめました。

標準偏差(ばらつき)をもとに

  • 標準偏差 5.00 以上:(差が)大きくついた
  • 標準偏差 1.00 以上、5.00 未満:ついた
  • 標準偏差 1.00 未満:あまりつかなかった

としています。


神奈川県公立高校入試 面接の得点差 速報 ’21

学校名面接で差が標準偏差
白山普通大きくついた7.88
荏田普通大きくついた6.88
川和普通大きくついた5.51
鶴見普通ついた4.64
新栄普通ついた3.22
元石川普通ついた2.94
城郷普通ついた2.08
市ケ尾普通ついた1.66
新羽普通ついた1.58
霧が丘普通ついた1.54
神奈川総合個性ついた1.26
鶴見総合総合あまりつかなかった0.82
岸根普通あまりつかなかった0.65
横浜翠嵐普通あまりつかなかった0.60
港北普通あまりつかなかった0.52
神奈川総合国際あまりつかなかった0.30
市立東普通あまりつかなかった0.12

広告


大きく差がついた高校の特徴

白山

受験生の偏差値帯との関係で、面接が重視されたものと思われます。

荏田

強豪の運動部を多く抱えるため、面接でスポーツに意欲を持つ受験生を高く評価した可能性があります。

川和

2021 年4月から学力向上進学重点校に指定される川和は、その偏差値帯にしては珍しく評定(内申点)と面接とを重視します。例年の傾向であり、高校の方針なのでしょう。

部活動がさかんな学校でもあり、荏田と同様の事情もあるだろうと憶測されます。


関連記事

部活動強豪校の面接 部活実績ベース評価は問題ない 県教委
https://kanagaku.com/archives/37389


注・参考文献

データは YouTube チャンネル「勉強犬のHOME BASE」で公開された動画、

面接で差がついた高校つかなかった高校まとめ【神奈川県公立高校入試2021】

に基づきます。

動画の冒頭で篠崎先生からお話がある通り、

  • 全員分のデータでない(載っていない高校有)
  • 今年ついてないからって来年も同じとは限らない

ことにご注意ください。