神奈川県公立高校入試 2021 等の採点ミス公表 制度上不可避

神奈川県教育委員会は 18 日、県ホームページ上に

公立高等学校における入学者選抜に係る採点の誤りについて

と題した記者発表資料を掲出。2019 年度から 2021 年度にかけて、神奈川県公立高校入試で採点ミスがあったことを明らかにしました。

広告


採点ミス発見の経緯

2016 年6月から構築されてきた採点ミスの再発防止策の一環である「県教育委員会による抽出再点検」によって 2021 年度入試での採点ミスがまず1件発覚。

全校・全受検者の採点に対する再度の点検が指示され、

県立高等学校6校及び横浜市立高等学校1校において合計8件の採点誤りが判明

しました。

県教委からさらにさかのぼっての点検(過去2年)が指示され、

平成31年度入学者選抜については県立高等学校2校において合計2件の、令和2年度入学者選抜については県立高等学校1校において2件の採点誤りが判明

しました。


参考文献

神奈川県教育委員会,「公立高等学校における入学者選抜に係る採点の誤りについて」,https://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/prs/r6594884.html,2021 年3月 18 日.

アーカイブ

https://megalodon.jp/2021-0321-0822-20/https://www.pref.kanagawa.jp:443/docs/dc4/prs/r6594884.html