神奈川県公立高校入試 暫定倍率 2022

湘ゼミ:英語易化、ステップ:社会さらに易化 神奈川新聞

神奈川新聞は 16 日の紙面 19 面(特集)に

共通選抜 分析と解説 公立高校全日制

を掲載しました。

このなかで全体の難易度、難化・易化傾向について明確に触れているのは

  • 英語を担当した湘南ゼミナール(神谷漠 先生)
  • 社会を担当したステップ(原廣幸 先生(※))

です。


英語は易化、社会も易化 県入試 2021

英語:易化

湘南ゼミナールの神谷先生によれば、英語「全体の難易度は、前年度と比較すると易化したと考えられる」といいます。

社会:易化

ステップの原先生によれば、社会の「難易度は、平均点が大幅に上昇した前年度よりも、さらに易化した」といいます。

5科全体も易化?

数学・国語・理科の難易度を考えあわせても 2021 年度入試は全体として易しめの出題だったと言えそうで、学力検査の平均点が上がりそうです。


※ 「廣」の字は「まだれに黄」。


関連記事

神奈川県公立高校入試 2021 科目別予想平均点変動 難化易化
https://kanagaku.com/archives/39595