暫定倍率 2021

新型コロナ重症用の即応病床は残り7床 神奈川県6日速報

神奈川県は6日、新型コロナウイルス感染症 モニタリング状況のページを更新し、6日時点での病床利用率データ」(csv ファイル)を公開しました。

重症患者に関する数字は以下の通りです。

  • 重症患者用の空床数:7床
  • 重症患者数: 86 人

また、神奈川県内の病床の状況は以下の通りです(「病床利用率データ」から重症患者用のものを抜粋)。

  • 現段階における重症患者用の即応病床数: 93 床
  • 重症患者用の準備病床数: 107 床
  • 重症患者用の〔最大〕確保病床数: 200 床

原注

  • 入院者数+空床数=現段階における即応病床数
    準備病床は、最終的な確保病床数〔中略〕から現段階における即応病床数を引いた数
  • 患者数に応じ、即応病床数は増減する
  • 速報値として公開するものであり、後日確定データとして修正される場合あり

参考文献