川崎市の塾クラスター 20 名超す 教室 HP は検査経過を報告

川崎市宮前区大手学習塾で発生している新型コロナウイルス感染症クラスターでは、陽性者が 20 名を超えました。

川崎市は 21 日、周辺の宮崎中学校野川中学校有馬中学校について臨時休校を発表(宮前平中学校については報道発表で言及なし)。また、クラスターが発生した学習塾は 21 日、教室ホームページで「教室で勤務する全スタッフの任意検査を行いました」と発表。教室発表によれば、検査結果は全員が「陰性」だったといいます。

受験生のクラスターが今後大規模化した場合、年明けから始まる入試への影響が懸念されます。

広告


教室追加発表 21 日

当教室で勤務する全スタッフの任意検査を行いました。

結果は全員「陰性」でした。冬期講習は、オンライン指導に移行するため、感染防止のための安全な環境にて、引き続き生徒さんの学力向上に向けて指導をしてまいります。

改めて、多くの方々にご心配をおかけしましたことお詫び申し上げます。

広告


参考文献

※コメントアウトしています。