全公立博 2020

新日本フィル 奏者間距離前後左右 1.5 m を基本に定演実施

新日本フィルハーモニー交響楽団はホームページ上に

試演動画公開と7/2(木)演奏会再開に向けての取組みについて

と題したお知らせを掲出しました。

お知らせによれば、新日本フィルが7月2日に実施した定期演奏会では、奏者間の間隔が

左右、前後 1.5 mを基本に、金管と木管の間は2mを目安に

空けられました。「5月 15 日現在の対応」で考えられていた

  • 金管楽器の吹き出し口への不織布を装着
  • 奏者のゴーグル装着
  • 上手、下手のドア解放

などは行われませんでした。


Sources

新日本フィルハーモニー交響楽団,「試演動画公開と7/2(木)演奏会再開に向けての取組みについて」,https://www.njp.or.jp/news/18537,2020 年7月8日閲覧.