志願変更前の倍率 2023

神奈川県公立高校入試 旧学区-行政区対照表

神奈川県公立高校入試において 2004 年まで使われていた旧学区」と、行政区との対照表です。

政令市(横浜市・川崎市・相模原市)については区名を、政令市以外については市町村名を用いています。表のいちばん右側には各学区の「旧学区トップ校」を付しました。


旧学区-行政区対照表

旧学区 A B C D E F G H I トップ校
横浜東部 港北区 鶴見区 神奈川区 横浜翠嵐
横浜北部 緑区 青葉区 都筑区 川和
横浜西部 旭区 瀬谷区 泉区 希望ケ丘
横浜中部 西区 保土ケ谷区 戸塚区 光陵
横浜南部 南区 港南区 栄区 柏陽
横浜臨海 中区 磯子区 金沢区 横浜緑ケ丘
川崎南部 中原区 幸区 川崎区 新城
川崎北部 麻生区 多摩区 宮前区 高津区 多摩
横須賀三浦 横須賀市 三浦市 逗子市 葉山町 横須賀
鎌倉藤沢 鎌倉市 藤沢市 湘南
茅ケ崎 茅ケ崎市 寒川町 茅ケ崎北陵
平塚 平塚市 大磯町 二宮町 中井町 平塚江南
秦野伊勢原 秦野市 伊勢原市 秦野
県西 小田原市 南足柄市 大井町 松田町 山北町 開成町 箱根町 真鶴町 湯河原町 小田原
厚木海老名愛甲 厚木市 海老名市 愛川町 清川村 厚木
大和座間綾瀬 大和市 座間市 綾瀬市 大和
相模原南部 南区 ※相模大野
相模原北部津久井 緑区 中央区 相模原

広告





神奈川県の行政区分

神奈川県

33の市町村からなる神奈川県。政令指定都市3市(横浜・川崎・相模原)を抱える都道府県は、全国で唯一です。ほかにも、魅力溢れる16市、13町、1村の市町村が神奈川で輝いています。

神奈川県,「神奈川県の概要」,https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ie2/cnt/f530001/,2019 年 11 月 18 日閲覧.

横浜市

18区のプロフィール

横浜市,「18区のプロフィール」,https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/yokohamashi/gaiyo/kiroku/shiseikiroku2018.files/0065_20190329.pdf,2019 年 11 月 18 日閲覧.

川崎市

川崎港側から川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区。7つの区があります。

川崎市,「川崎市プロフィール」,http://www.city.kawasaki.jp/miryoku/category/63-1-0-0-0-0-0-0-0-0.html,2017 年6月8日(2019 年 11 月 18 日閲覧).

相模原市

3区の名称は、「緑区」、「中央区」、「南区」に

相模原市,「区の名称、区域」,http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisei/seirei_shitei/1004078.html,2019 年 11 月 18 日閲覧.


Sources

市進出版,『2012 年度入試用 神奈川・近県 高校受験ガイド』45 ページ,2011 年5月 18 日.