神奈川県入試 暫定倍率 2020

県内公立進学校 進学準備ほか率ランキング 2018 年3月卒生

旧学区トップ校など県内 22 の主要公立進学校(高校)において、2018 年3月卒業生のうち「進学準備ほか」の進路を選んだ先輩方の割合です。

その多くは4月、既卒生・浪人生として、駿台予備学校や河合塾などの門を叩いていると思われます。


進学準備ほか率 2018 年3月卒生

No学校名進学準備ほか率(%)卒業生数(人)進学準備ほか(人)旧学区など
10湘南34.9358125鎌倉藤沢
9横須賀30.327784横須賀三浦
23神奈川総合29.925476その他
1横浜翠嵐29.7350104横浜東部
5柏陽27.231686横浜南部
14小田原25.131178県西
20鎌倉24.330975エントリー校
21横浜サイエンス22.623453その他
12平塚江南22.030968平塚
3希望ケ丘20.632066横浜西部
4光陵19.931663横浜中部
15厚木18.035664厚木海老名愛甲
11茅ケ崎北陵17.427648茅ケ崎
2川和15.832251横浜北部
7新城15.526541川崎南部
8多摩15.427342川崎北部
6横浜緑ケ丘14.627440横浜臨海
13秦野13.435748秦野伊勢原
18相模原12.327634相模原北部津久井
19横浜平沼10.727229エントリー校
16大和8.928125大和座間綾瀬
22横浜国際8.719517その他
17相模大野---相模原南部

広告


表の見方

「No」列

表中各学校ははじめ、「進学準備ほか率」が高い順に並んでいます。一般的な並び順に並べ替えるときに、この列でソートしてください。

「エントリー校」

県が指定する学力向上進学重点校にエントリーしている学校のうち、旧学区トップ校ではない高校です。

相模大野高校

現在の県立相模原中等教育学校です。


雑感など

湘南

湘南高校は例年「進学準備ほか率」が高いです。在学中は高校生のうちにしかできない学校行事や部活動などに全力を傾けて、大学受験準備は予備校で――と考える方が多いのかもしれません。

最大のイベントは「日本一」の呼び声も高いクラス対抗の体育祭だ

アタック25 高校生大会 神奈川県立湘南高校2年生の鈴木ゆいさん

横浜翠嵐・横須賀

横浜翠嵐と横須賀との「進学準備ほか率」が約3割です。「進学校の進学準備率は3分の1程度が適当」という認識が持たれることがあり、両校はこれにぴったりとはまります。

開校前 YSFH 視察「国公立・私立・浪人を3分の1ずつ」

横浜平沼

将来のライフイベントに備え、一般的に女子(の家庭)は「進学準備ほか」の進路を敬遠する傾向があります。

もともと女子校だった横浜平沼では現在も女子比率が高く、これが「進学準備ほか率」を押し下げる要因になっているものと思われます。

神奈川県公立高校 学校別男女比 2019入試用


【参考】2017 年3月卒業生

県内公立進学校 進学準備ほか率ランキング 2017 年3月卒生


Sources

データは

声の教育社,『神奈川県高校受験案内 2020 年度用』,2019 年7月

に基づきます。表中のパーセンテージについては、各学校の「卒業後の進路」のデータのうち、円グラフのパーセンテージではなく、右に付された人数から求めたパーセンテージを用いています