神奈川県公立高校入試 問題別正答率一覧 2019 年【国語】

2019(平成 31 )年度 神奈川県公立高校入試 「国語」の問題別正答率です。

※ 共通選抜の学力検査(本試)。


国語 問題別正答率 県入試 2019

大問小問枝問正答率問題分野問題内容
173.9%漢字の読み親睦(しんぼく)
239.2%漢字の読み緩衝(かんしょう)
316.2%漢字の読み彫塑(ちょうそ)
465.6%漢字の読み企(くわだ)てる
a25.1%漢字の選択シンコウ(振興)
b53.7%漢字の選択ボクソウ(牧草)
c62.2%漢字の選択チョウジリ(帳尻)
d76.3%漢字の選択キザ(刻)む
93.4%文法助詞の用法で同じはたらきをするものを選択する
35.5%韻文俳句を説明したものを選択する
84.0%古典(古文)「かくものを食はずして泣くぞ。」の理由を説明したものを選択する
77.2%古典(古文)「憂ふることなかれ」の説明を選択する
59.4%古典(古文)「そのことばをよく信じけり。」の説明を選択する
65.5%古典(古文)本文の内容と一致するものを選択する
67.2%文学的な文章「重吉」の気持ちについて説明したものを選択する
65.0%文学的な文章忠正の「微笑」の説明を選択する
78.7%文学的な文章「フィンセント」の気持ちをふまえた朗読の仕方を選択する
51.4%文学的な文章「忠正」の言葉の説明を選択する
58.3%文学的な文章「重吉」の気持ちについて説明したものを選択する
65.9%文学的な文章この文章について述べたものを選択する
91.0%論理的な文章空欄に入れる語の組み合わせを選択する
66.2%論理的な文章「ルーティンワークはむしろ個人を守ってくれる」と言える理由を選択する
58.0%論理的な文章「『新しい技術』は『第二の自然』だ。」について説明したものを選択する
60.7%論理的な文章「現在の自動運転技術のこと」について筆者がどう述べているか説明したものを選択する
55.6%論理的な文章「そうした枠組みそのものに根本的な変革を迫ることにもなりかねない」理由について説明した一文の空欄に入れる語を本文中から複数抜き出す
47.6%論理的な文章「『「人的資本」としての自分の価値を高めなければ。』などと考えない方がいい。」と筆者が述べる理由を選択する
81.8%論理的な文章「私たちがとるべき態度」の説明を選択する
66.7%論理的な文章本文について説明したものを選択する
28.2%論述図の読み取りに関して文中の空欄に適するものを選択する
11.7%論述本文中の情報を整理して20字以上30字以内でまとめ、「Aさん」のことばを完成させる

参考

すばる進学セミナー,「問題分析 神奈川県公立高校入試2019 国語」
https://offspleiades.net/hs_exam2019_japanese/


Sources

神奈川県教育委員会,「平成31年度 神奈川県公立高等学校入学者選抜 学力検査の結果」,http://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/nyusen/nyusen/gakuryokukensa/documents/h31gakuryokukensakekka.pdf,2019 年6月5日(PDF ファイルの作成日).