『県立! 再チャレンジ高校』A県立槙尾高校の概要と場所

黒川祥子県立! 再チャレンジ高校 生徒が人生をやり直せる学校で詳細に描かれる実在の高校「A県立槙尾高校」について、概要と場所とをまとめます。

広告


概要

再チャレンジスクール(仮名)

「槙尾高校」(仮名)は、「A県」(仮名)で初めて「再チャレンジスクール」(仮名)に指定された高校のひとつです。

「再チャレンジスクール」(仮名)とは、4ページによれば

中学までに持てる力を発揮できなかった生徒に対し、再チャレンジの場を与えるという趣旨の学校

です。入学者は「学力考査を行わない……入学試験」(182 ページ)によって選抜されます。

偏差値

槙尾高校の「現在の偏差値 38 は、A県内の公立高校 202 校の中で 190 番目前後に位置してい」るそうです(4ページ)。

ただし、多くの模試は現在、「再チャレンジスクール」(仮名)について偏差値を出していません。


場所

「篠立沢駅」(仮名)

槙尾高校の最寄り駅は私鉄の「篠立沢駅」(仮名)です。「篠立沢駅の北口にあるバスターミナルでは毎朝、ひどく対照的な2つのタイプの高校生の列を見ることができ」ます(3ページ)。

「4番乗り場に並ぶのは大半がA県立槙尾高校という学校の生徒……かたや6番のバス乗り場には県内屈指の進学校である私立高校の生徒が列を作」ります(3ページ)。

なお、槙尾高校へは5番乗り場からもバスが出ています。

県内屈指の進学校

6番乗り場に生徒が並ぶ「県内屈指の進学校」では、新採用の三浦太一先生(仮名)が「幼稚園から高校までを」過ごしました(65 ページ)。

希望すれば同じ学校で大学まで過ごすこともできたはずです。