「春に」定期試験問題 横浜市立○○中学校 2019 年

横浜市立○○中学校の 2019 年度 3年生 前期中間試験 国語で出題された「春に」の問題です。

広告


問一

この詩の作者名(フルネーム)を漢字で書きなさい。【知識】(二点)

問二

空欄[①]〔計4カ所〕には、この詩の中で繰り返されている言葉が入ります。この空欄にあてはまる言葉を、十五文字以内で、全てひらがなで書きなさい。【読む】(二点)

問三

①〔よろこびだ しかしかなしみでもある/いらだちだ しかもやすらぎがある〕とありますが、ここで使われている表現技法として最も適切な答えを次のア~エの中から―つ選び、記号で答えなさい。【読む】(二点)

  • ア 擬人法
  • イ 体言止め
  • ウ 対句
  • エ 直喩

問四

【A】【B】に入る「ぼく」の気持ちとして最も適切な答えを次のア~オの中からそれぞれ選び、記号で答えなさい。【読む】(各二点 計四点)

〔地平線のかなたへと歩きつづけたい/そのくせ【A】/大声でだれかを呼びたい/そのくせ【B】〕

  • ア この草の上でじっとしていたい
  • イ たくさんの人と話をしたい
  • ウ 草原を全力で走ってみたい
  • エ ひとりで黙っていたい

問五

この詩に描かれている心情として最も適切な答えを次のア~エの中から―つ選び、記号で答えなさい。【読む】(二点)

  • ア 若者が感じている末来への怒りと不安。
  • イ 春をむかえたことに対するあふれる喜び。
  • ウ 人間誰もが抱える自分勝手な欲望。
  • エ 新しい季節の中で感じる矛盾した気持ち。