代理人による志願 保護者以外には委任状を 2019年度入試版


平成31年度 神奈川県公立高校入試において、志願の手続き出願)は本人が行うことになっています。しかし、やむを得ない事情がある場合には、「代理人」による手続きが可能です。

代理人による手続きを希望する場合には、在籍する中学校(の校長先生)に連絡をしてください。中学校や高校(の校長先生)が以下の対応を取ります。


中学校長の手続等

中学校長は手続等を行う高等学校に、手続の内容、志願者氏名、代理人の氏名、志願者と代理人の関係を事前に連絡する。ただし、志願変更については事前の連絡は不要とする。

※ 強調はカナガクによります。

広告


代理人に対して、身分を証明するもの(運転免許証等)を持参することを指示する。なお、代理人が保護者以外の場合は、委任状(手続の内容、代理人の住所及び氏名、志願者との関係、志願者の住所及び氏名(自署及び押印)が必要)を併せて持参することを指示する。


高等学校の校長の手続等

高等学校の校長は、代理人の身分を確認後、所定の手続等を行う。


Sources

神奈川県教育委員会,「平成31年度神奈川県公立高等学校の入学者の募集及び選抜実施要領等に係る取扱いについて」28ページ, https://kanagaku.com/archives/24134 ,2018年11月.


Related Posts

広告


Tags

Ads: スタディサプリ, Z会, マイナビ進学