公立二次募集志願のためには、私立に合格してはいけない


神奈川県公立高校入試において二次募集に志願するためには、私立高校に合格してはいけません


二次募集の志願資格

「志願のてびき」

「志願のてびき(全日制の課程・別科)」の8ページには、二次募集の志願資格について、

平成31年度入学者選抜における国公私立の高等学校(高等専門学校を含む。)の合格者になっていない人が志願できます。

という記載があります(強調は原文によります)。

「募集案内」

また、「募集案内」の6ページには、

志願時において、平成31年度国・公・私立高等学校(高等専門学校を含む。)に合格している人(入学手続きをしていない場合も含む。)は〔二次募集に〕志願できません。

という記載もあります(強調は原文によります)。

つまり、二次募集に志願するためには、国公私立のすべての高校においてひとつも合格をもらえていない状態でなければなりません


「ゼッタイ公立」なら併願確約を取らない受験に

公立高校を第一志望とする受験生であっても、ふつうは12月の段階で私立高校の併願確約をとっておきます。

しかし、共通選抜で第一志望の公立高校に不合格だったら二次募集にチャレンジしたいという場合(つまり、ゼッタイに公立高校に進学したいという場合)には、併願確約をとらずに受験を進めることになるでしょう。


Related Posts

広告


Tags

Ads: スタディサプリ, Z会, マイナビ進学