中央大学附属横浜高校 B方式の暫定倍率は5.17倍 なお上昇か


中央大学附属横浜高校志願倍率が、1月31日時点で5.17倍に達しました。神奈川県教育委員会の集計で明らかになりました。

中央大学附属横浜「一般B方式」への出願期間は2月2日までだったため、この倍率はさらに上昇したものと思われます。

中央大学附属横浜高等学校 平成30年度入試向けパンフレット

広告



県教委集計

神奈川県教育委員会は1日、「平成30年度私立高等学校の志願状況(公募一般)について」と題した記者発表を行い、「1月31日15時現在」における各私立高校の「暫定倍率」を発表しました。

これによると、中央大学附属横浜「B方式」は、30人の定員に対して155人が志願しています。倍率はこの時点ですでに5.17倍です。


平成29年度入試

中央大学附属横浜の平成29年度B方式の結果は以下の通りでした。

  • 定員: 30人
  • 志願: 147人
  • 受験: 144人
  • 合格: 33人
  • 実質倍率: 4.36倍
  • 合格者最低点: 208/300点

参考

中央大学附属横浜高校 一般入試併願基準内申点 2017(H29)

中央大学への内部推薦枠の拡大について

内部推薦枠は、これまで約60%としてきましたが、今後2018年まで順次拡大予定です。
  2016年度 70%
  2017年度 80%
  2018年度 85%(卒業生比)
 
 推薦権を保持したままの他大受験については
 ・国公立大学と海外の大学は学部・学科を問わず可能
 ・私立大学は、中央大学にない学部・学科に限り可能
                 (要事前審査)

※ 日能研入試情報,「入試情報中央大附属横浜、2回入試に!」, http://megalodon.jp/2014-0927-2330-16/www.nichinoken.co.jp/np5/schoolinfo/topics/topics.php?id=340 ,2016年9月7日閲覧.


Source

神奈川県教育委員会,「平成30年度私立高等学校の志願状況(公募一般)について」, http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p1210615.html ,2018年2月1日(同4日閲覧).

広告



中央大学附属横浜中学校・高等学校

〒224-8515
横浜市都筑区牛久保東1丁目14番1号

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索

Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学