『週刊ダイヤモンド』大手予備校と医学部専門予備校の学費例2016

『週刊ダイヤモンド』2016年6月18号

医学部専門予備校の学費は高い!
大手予備校と医学部専門予備校の特徴と学費例

と題した記事を掲載しました。

広告


医学部向け予備校の学費例

学費例
(円)
予備校コース分類
750,000駿台予備校スーパー国公立大医系α大手
1,645,000駿台予備校スーパー国公立大医系
+特別指導150時間
大手
780,000河合塾プレミアム国公立大医進大手
3,200,000河合塾私立大医進インテンシブ
個別指導付き
大手
810,000代々木ゼミナールオリジナルカリキュラム
「国公立医系」
大手
3,900,000代々木ゼミナールプラチナ個別指導プレミアム大手
2,340,000メルリックス学院私立医学部選抜コース医専
4,930,000メルリックス学院私立医学部基礎コース医専
2,710,000YMS高卒本科コース・標準医専
7,500,000メビオ入会金30万円
+1830時間分の
授業料の目安720万円
医専
6,000,000武田塾MEDICAL医専
2,900,000TMPS医学館医専
3,370,000レクサス教育センター最難関医学部選抜βコース医専
4,750,000レクサス教育センター難関医学部特訓コース医専
東大蛍雪会入会金2万円
+4320~7560円/時間
医専
3,220,000ウィンダムアドバンスマスターコース医専
3,000,000野田クルゼ総合コース医専

※ 学費は年間で、高卒者向けの医学部コースの一例を掲載。


大手予備校 VS 医専予備校

記事によれば、大手予備校には、「主に公立高校の現役生でハイレベルな成績」をもった生徒が集まります。合格ターゲットは「国公立大医学部+慶應義塾大医学部」で、合格率は「約50%」だといいます。

それに対して、医学部専門予備校には「主に私立中高一貫校出身の浪人生で成績の格差が激しい」生徒が集まります。合格ターゲットは「私立大医学部(中堅私立大医学部」で、合格率は「約20~30%」だといいます。


Twitter