神奈川県公立高校入試 携帯電話・スマホ等の試験会場への持込について


神奈川県教育委員会は県公立高校入試の会場への携帯電話・スマートフォン等の持ち込みを禁止しています。大雪への対策として保護者からの申し出があった場合のみ、「特別の対応」として持ち込みが許可されます。

携帯・スマホ等の持ち込みは原則禁止

神奈川県教育委員会は

「平成28年度神奈川県公立高等学校の入学者の募集及び選抜実施要領等に係る取扱いについて(実施要領等 取扱い)」

と題した文書において、入学者選抜学力検査当日の学力検査会場への携帯電話、PHS、スマートフォン等の携帯情報端末の持ち込みを禁止しています(「取扱い」P9)。

特別の対応

ただし、これには「特別の対応」が定められており、

大雪などへの対策で、自宅を出てから検査会場へ向かうまでの間に、携帯電話等の持参の申し出が保護者よりあった場合、次の確認事項を中学校から保護者・受検者本人へ指導を徹底することで、検査会場への持ち込みを可とする。

とされています。

確認事項

指導される確認事項は次の各点です(一部省略しています)。

中学校の対応

  • 中学校は、自校名入りの封筒を用意し、受検者の氏名、受検番号を記入させる。
  • 受検者は中学校が用意した自校名入り封筒を持参し、検査会場に着いたらすぐに電源を切り、封筒に入れ高等学校の指示に従う。

高等学校の対応

  • 学力検査当日は、「検査についての注意」の時間に、携帯電話等の電源を切って封筒にしまうよう指示し、回収する。
  • 封筒を忘れたり、誤って携帯電話等を持ってきた受検者についても回収する。

携帯・スマホ等はあくまで特別の場合に

教育委員会では原則「禁止」を強調しており、特に大雪の心配がない場合については携帯・スマホ等を持ってこないように指導しています。

しかし、「誤って携帯電話等を持ってきた受検者」への対応があることから、高校の指示にさえ注意していれば、そこまで神経質になることもなさそうです。


参考

「志願のてびき」にも「携帯電話等について」の記載があります。ご確認ください。

※ 神奈川県教育委員会,「志願のてびき」, http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/797901.pdf#page=6 ,2015年12月18日閲覧.


Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学