大森学園高校(工業) 推薦・併願優遇確約基準内申点 2016(H28)


大森学園高等学校は各種学校説明会において、2016(平成28)年度入試における進路相談基準を明らかにしています。

この基準をクリアしている場合、推薦・一般の各入試において合格の確約を取ることができます。ここでは各学科・コースのうち、工業科の基準値を確認してみましょう。

平成28年度生徒募集について

  1. 推薦希望者・併願優遇希望者は入試説明会に参加することが必要です。
  2. 推薦は大森学園を第1志望とする生徒が対象です。
  3. 推薦合格者は2月12日(金)に筆記試験を行いますので必ず受験してください。
  4. 昨年度の入試問題は大森学園ホームページに掲載しています。
  5. 一般入試は公立だけでなく私立との併願も可能です。
  6. 筆記試験高得点者は普通科・普通コース生として入学を許可することがあります。
    ※ 出願時に高得点普通コース合格を希望しない場合のみ申告をします。
  7. 東京・神奈川以外の県は延納手続により公立発表の翌日を手続き締切日とします〔東京・神奈川はもとから手続き締切日が公立発表後に設定されています〕。

推薦入試基準

  • 9科22(22/45)
  • 9科に1がないこと。
  • 3年次欠席10日以内。
  • 3年次遅刻+早退10日以内。

一般入試での併願優遇基準

  • 9科24(24/45)
  • 9科に1がないこと。
  • 3年次欠席10日以内。
  • 3年次遅刻+早退10日以内。

加点項目

工業科で内申点を考慮できる項目は以下の通りです。

  • 英検・漢検・数検3級以上(+2)
  • 英検・漢検・数検4級(+1)
  • 中学校3年間皆勤(無欠席・無遅刻・無早退)(+1)
  • 部活動3年間継続(+1)
  • 工業科体験教室参加(+1)

※ 加点項目…2項目に限り内申点9科に加点します。

※ 父・祖父・兄・姉が卒業生、兄・姉が在校生の場合、上記とは別に内申点を考慮します(9科に加点+1)

工業科の特徴

大森学園はかつては大森工業という、普通科を置かない工業高校でした。大田区の中小工場が力を合わせて設立した学校は高い就職率を誇り、日本のものづくりを支える有為の人材を多く輩出しています。

入試のレベルとしては、中学校で思う存分力を発揮できなかったみなさんにも広く門を開いています。推薦基準の22/45はオール2+4相当で、オール3(27/45)に満たない場合でも合格を勝ち取ることができます。体験教室への参加等で加点を稼げば、さらにハードルを下げられます。

ただし、27年度の基準では「国数英が1でない」となっていたものが、28年度では「9科が1でない」になっていることには注意が必要です。授業態度や提出物などをおろそかにしなければ「1」は避けられると思いますので、受験を考えている場合には学校生活の過ごし方についても振り返っておきましょう。

大森学園高校パンフレット 平成28年度入試向け


大森学園へのアクセス

大森学園高等学校
所在地: 〒143-0015 東京都大田区大森西3丁目2−12
電話: 03-3762-7336

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索

京浜急行本線「大森町駅」から徒歩5分、「平和島駅」から徒歩8分です。


Related Posts

広告


Tags

Ads: 日能研, スタディサプリ, Z会, マイナビ進学