暫定倍率 2023 神奈川県公立高校入試

神奈川県私立高校入試 2023 全日制公募募集人員 15,165 人

2023 年度 神奈川県私立高校入試の募集人員は

  • 全日制合計 15,165 人
    (うち推薦 5,471 人)
  • 全日制のうち公募を行う学校(高校募集を行う学校)の併設校からの募集人員 3,713 人
  • 通信制合計 1,290 人
    (うち推薦 645 人)
  • 全日制のうち併設校からのみ募集する学校(高校募集を行わない学校)の併設校からの募集人員 4,285 人

です。

8月 25 日に開かれた「令和4年度第3回神奈川県公私立高等学校協議会」において公私間で合意した全日制高校の入学定員目標は

  • 公立高校が 40,750 人程度(「400人の増」)
  • 私立高校が 15,000 人程度(「300人上乗せ」)

であり、「全日制合計 15,165 人」という募集定員はこれに沿っています。

私立高校は歩留率(ぶどまりりつ。合格者に占める入学者の割合)によっては募集定員に係わらず入学者を受け入れており、各高校ごとにみると定員充足率がまちまちです。しかし全体としては概ね募集定員に近い入学者数となっており、たとえば 2022(令和4)年度入学者選抜実績では、

  • 募集定員 15,151 人
  • 入学者数 15,781 人

でした。


各高校ごとの定員充足率(定員割れと定員超過)

2022 年度入試において、定員充足率が低かった高校としては、たとえば緑ヶ丘女子高校(横須賀市)が 40.3%(240 人程度の募集に対し入学者数 94 人で 146 人程度の定員割れ)。

一方、定員充足率が高かった高校としては、たとえば横浜創学館高校(横浜市金沢区)が 144.7%(340 人の募集に対し入学者数 492 人で 152 人の定員超過)。

広告


参考文献