合格可能性 80 %基準値 2023

山手学院中学校 57 期生、中3までに FG 数ⅠAを2周予定

山手学院中学校 57 期生(2022 年度の中学1年生)が「57 期 数学進捗表(中学)」を配られました。

この表によれば、57 期生は『体系数学』を用いて中学2年生の冬までに中学校内容の一通りの学習を終了。同じタイミングで『Focus Gold』を使い始め、中学校3年生の秋までに数学Ⅰの学習を2巡します。

中学校3年生が終わる頃には『Focus Gold』で数学ⅠAの学習を2巡し終え、数学Ⅱの学習を進めているという計画です。

ただし、山手学院は常に生徒のみなさんに寄り添いますし、その先生方は常に柔軟な動きをなさいます。

クラスの8割程度が理解できているかどうかを毎回確認して進めていきます

ということですので(「中学1年生 数学の授業にあたって」より)、仮に授業スピードが速すぎた場合には適切な修正がかけれらるものと思われます。