東海大相模高校野球部のクラスター、陽性者 34 人に拡大

相模原市は 29 日、

新型コロナウイルス感染症による新たな患者の確認(5401~5448例目)及び本市職員の感染確認について

と題した報道発表資料を公開しました。

資料によれば、「クラスターNo.60 高等学校運動部」で新たに生徒3人の陽性が判明。同クラスターの規模は 34 人に拡大しました。

このクラスターは東海大学付属相模高校(東海大相模)の野球部で発生しているもの。同部はクラスターの発生を受け、「第 103 回 全国高等学校野球選手権大会神奈川大会」を辞退しています。


関連記事

横浜隼人軟式・東海大相模硬式、コロナで夏の高校野球辞退
https://kanagaku.com/archives/48564

広告


Twitter


参考文献

相模原市,「新型コロナウイルス感染症による新たな患者の確認(5401~5448例目)及び本市職員の感染確認について」,https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/023/688/0729/00.pdf,2021 年7月 29 日.

https://megalodon.jp/ref/2021-0730-0335-17/https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp:443/_res/projects/default_project/_page_/001/023/688/0729/00.pdf