2021 大学合格者数 高校別ランキング

川崎市の特別支援学校配置状況 2021 年1月1日現在

自民党の野田まさゆき川崎市議は 22 日(金)、タウンニュース川崎区・幸区版に 

設置義務者は神奈川県! 早急な対応を‼ 市政リポート
幸区に特別支援学校の整備を‼

と題した意見広告・議会報告を掲載しました。

広告・報告によれば、2016 年度予算編成時以来、川崎市は神奈川県に対して特別支援学校の課題解消(過大規模化・過密化の解消)を求め続けています。

特別支援学校の設置義務者は神奈川県であるといいます。同様の訴えは市議会野党議員からも上がっており、「ともに生きる社会」を掲げる県の対応が注目されます。


特別支援学校配置状況 川崎市 2021

特別支援学校
川崎区田島支援学校
川崎区田島支援学校桜校
川崎区田島支援学校さくら分教室
幸区(なし)
中原区聾学校
中原区中央支援学校高等部分教室
中原区中央支援学校大戸分教室
中原区中原養護学校(県立)
中原区県立中原養護学校住吉分教室(県立)
高津区中央支援学校
高津区高津養護学校(県立)
宮前区高津養護学校川崎北分教室(県立)
多摩区中央支援学校稲田分教室
多摩区高津養護学校生田東分教室(県立)
麻生区麻生養護学校(県立)

参考文献

タウンニュース川崎区・幸区版,「設置義務者は神奈川県! 早急な対応を‼ 市政リポート 幸区に特別支援学校の整備を‼ 川崎市議会議員(幸区) 野田まさゆき 自民党」,https://www.townnews.co.jp/0206/2021/01/22/559450.html,2021 年1月 22 日.